ootabakoga.jpg
オオタバコガの幼虫、トマトやピーマンに穴をあけて食っています


オクラが順調に育っていたのに、
害虫にやられてしまったようです。

オクラにはどのような害虫がつくのでしょうか?


■オクラ 害虫対策は?

オクラに害虫がつきやすい時期は、
オクラは生育初期の、まだ葉が柔らかい時期が、
最も害虫の被害にあいやすいです。

この時期は注意深く葉や茎、葉裏を観察し、
早めの害虫対策を行いましょう。

・ワタノメイガ
食害をするのは、ワタノメイガの幼虫です。
葉を葉巻のように巻いてその中に住み着き、葉を食害します。

幼虫は移動し、食害を広げていきます。
葉を巻いて中に住み着くため薬剤が届きにくい害虫です。

見つけ次第葉を取り除き、処分するのが最も効果的な対策です。

・ネコブセンチュウ
幼虫が根に入り込み、食害して小さなこぶをたくさん作ります。
食害された株は枯れてしまいます。

幼虫が孵化すると近くの植物に卵を産み付けて被害が広がります。
食害された株は取り除いて畑から離れた場所で処分します。

連作を避け、植え付け前に有機石灰で消毒をします。
マリーゴールドやコブトリソウなどの、
コンパニオンプランツをそばに植えると被害にあいにくくなります。

・オオタバコガ
オオタバコガの幼虫が開花が終わった花や幼果に入り込み、
中から食害します。

大きく育った幼虫は、実に穴を開けて中に潜り込み、食害をします。
移動しながら食害していくので、1匹の幼虫でも大きな被害が起こります。
穴が開いた実を見つけたら取り除き、中の幼虫を処分します。


aburamusi-e00b9.jpg
・アブラムシ
葉の裏について汁を吸います。
葉が痛むことで生長障害が起こるほか、ウイルス病を媒介します。

葉裏を観察し、見つけ次第ティッシュペーパーで取り除きます。
光の反射を嫌うので、株の周囲に、
アルミホイルを敷いておくと被害にあいにくくなります。

・カメムシ
幼虫や成虫が飛来し、花や実の汁を吸い、
スポンジ状にしてしまいます。

カメムシはアブラムシの発生を予防していると、
同時にカメムシ対策をすることができます。

・ヨトウムシ
夜の間に葉を食害します。
大量に発生し、一気に食害をするので、大変大きな被害にあいます。
防虫ネットをかけて成虫の侵入を防ぎ、卵を産み付けられないようにします。
畝の周辺の雑草を刈っておくことも発生予防になります。


hamoguribae.jpg
トマトの葉を食害するハモグリバエ


・ハモグリバエ
葉の内部に住み着いた幼虫が食害します。
葉にくねくねとした線状の食害の跡が付きます。

オクラは、実を収穫した後に実の下に有る葉を摘み取ります。
そうすることによって被害が少なくなるほか、
実に栄養が集中し実付きが良くなります。

・フタトガリコヤガ
幼虫が葉や実を食害します。被害が大きく、
葉は葉脈を残しただけの状態になります。

幼虫がまだ若いころに見つけ、薬剤を散布して被害の拡大を防ぎます。

・フキノメイガ
茎の内部に侵入し、中から食害します。
被害にあった茎は折れたり枯れたりします。
発見次第被害にあった茎を取り除いて処分します。

■関連記事
・オクラが硬くて食べられない理由は?
・オクラの実に小さな水滴やイボができるのは?
・オクラのお勧めの品種は?
・オクラのタネが発芽しない理由は?
・オクラの育て方(地植え)|低温にあわせず早めの収穫でおいしく!
・オクラのプランター栽培|肥料切れに注意し若どりで長期収穫
・オクラ 初心者向きの育て方
 カテゴリ
 タグ