okura20(1)-1fa47.jpg


オクラは花も美しく、実もおいしい夏野菜です。
健康に良い成分をたくさん含んでいるので、
夏バテ防止にも、ぜひチャレンジしてみたい野菜です。

オクラを育てるのはそれほど難しくありませんが、
初心者が失敗しやすいポイントがいくつかあります。
そのポイントを押さえて、元気なオクラを育ててみましょう。



■オクラ 初心者向きの育て方

1.オクラの性質
オクラはアフリカ原産の野菜です。
そのため、高温にはとても強いのですが、
低温や霜にはとても弱い性質を持っています。

乾燥にも強く、多湿な環境を嫌います。
直根性で根は深くはり、草丈は1〜2mと大きく生長します。

アオイ科の植物で、薄黄色の美しい花を咲かせます。
食用にするのは、熟していない鞘の部分です。

2.初心者向けの品種
オクラは種からでも栽培できますが、
初心者は苗を購入したほうが失敗が少ないでしょう。

初心者におすすめの品種は、
切り口が5角形になる「グリーンスター」や「アーリーファイブ」です。


okura20(2)-576da.jpg
花も素敵ですね


3.植え付けは?
・プランターの選び方
オクラは直根性で、根を深くはります。
また、株も1〜2mと大きく育つので、
プランターで育てる場合は大きめのものを選びましょう。

60号以上の深型のプランターがお勧めです。

・苗の選び方
オクラは直根性の植物です。
直根性の植物は移植を嫌います。

苗を選ぶときは、大きく育っているものよりも、
まだ若い本葉が3〜4枚くらいのものを選びます。

茎が太く、葉に艶があり、緑の濃いものを選びます。


okura.jpg
オクラ畑


・用土
オクラは水はけのよい土壌を好みます。
プランターの土は赤玉土:腐葉土:パーミキュライトを、
6:3:1の割合で配合します。

そこに10リットルあたり10gの石灰と化成肥料を混ぜます。
畑で栽培するときは、土は2週間前から用意します。

植え付けの2週間前に1uあたり150gの石灰と2sの堆肥を入れ、
よく耕しておきます。
植え付け1週間前には化成肥料を1uあたり100g施します。

・植え付け方
オクラの苗は、1ポットに2〜3本の株が植えてあります。
初心者がよくする失敗は、その苗を分けてしまうことです。

オクラは根をいじられるのを極端に嫌います。
植え付けの時はポットから押し出すように根鉢を取り出し、
できるだけ崩さないようにして植え付けます。


プランターに植え付ける時は、しっかりと鉢底石を敷き詰め、
鉢の水はけを良くします。

プランターに植え付ける時は、最低25pは離すようにします。
畑に植える時は、株間を40cmほどとるようにします。

・植え場所やプランターの置き場所
オクラは高温で乾燥した環境を好みます。
できるだけ日当たりのよい場所で育てるようにします。

4.栽培管理
・水やり
オクラは多湿な環境を嫌います。
水やりは土が乾いたらたっぷりとやるようにします。

常に湿っているような環境ではなく、
乾燥と水やりのメリハリをつけるようにします。

・支柱
オクラは背が高くなるので、支柱が必要になります。
植え付け時に支柱を添えておきますが、
株が大きく育つので支柱は長いものを用意します。

茎が太くなって行くので、ゆったりと括り付けるようにします。

・追肥
オクラはたくさんの肥料を必要とする野菜です。
気温が上がり始めると、オクラは急激に生長をはじめます。

そのころから、定期的に追肥を行っていきます。
化成肥料を10gほど、株の周りにばらまくように施します。
2週間に一度の割合で施していくとよいでしょう。


okura010.jpg
6〜7cmで収穫します


5.収穫
・収穫時期
オクラは定植してから2か月くらいで収穫時期を迎えます。
花が咲いてから、大体1週間くらいで収穫に適した大きさになります。

収穫に適した大きさは、6〜7cmです。
そのころが一番柔らかくておいしく、
大きくなるにつれ、実が固くなってしまいます。

また、大きな実をならしていると、
株が弱って収穫量が少なくなってしまいます。

・収穫方法
収穫は、実のついている茎の部分をはさみで切り落とします。
その時に、収穫した実よりも下にある葉を切り落としておきます。


葉を切り落とすと、栄養が実に集中し、収穫量を増やすことができます。


okura005.jpg
オクラととろろで、スタミナアップ!


■関連記事
・オクラが硬くて食べられない理由は?
・オクラの実に小さな水滴やイボができるのは?
・オクラのお勧めの品種は?
・オクラのタネが発芽しない理由は?
・オクラの育て方(地植え)|低温にあわせず早めの収穫でおいしく!
・オクラのプランター栽培|肥料切れに注意し若どりで長期収穫
 カテゴリ
 タグ