Santolina1.jpg
サントリナ*


サントリナは、深い銀色の葉が美しく、黄色い花もとても映えます。

もちろん、サントリナだけで植えても見栄えの良いハーブですが、
他のハーブとの相性も良く、寄せ植えにも適したハーブだと言えます。

サントリナは生育が旺盛で、こんもりと育つため、
剪定して小さく仕立てるとバランスが良いようです。


■サントリナ 寄せ植え

寄せ植えのコツは、まず、性質の似た植物と組み合わせることです。
サントリナが元気に生育する環境を考えると、同じハーブならば、
タイムや、ローズマリー、ラベンダー、
ガーデンセージ、オレガノなどがおすすめです。

1.寄せ植えに適した鉢の大きさ
サントリナは、枝分かれしこんもりと育つ性質があるため、
少し大きめの7号鉢以上がおすすめです。

コンパクトな3〜5号鉢の寄せ植えも素敵ですが、
サントリナを植えると、すぐに窮屈になってしまうため、
ある程度の大きさのある鉢が良いです。


Santolina.jpg
サントリナ* C)あなたの街のお花屋さんイングの森


2.葉の形や色を活かした寄せ植え
サントリナは、葉の形や、色が特徴的です。

その色や形を活かせるような寄せ植えにするためにも、
シルバーリーフに黄色い花が咲くことを想定して、
その季節の花を寄せ植えしていきます。

また、サントリナはその形から、ミニクリスマスツリーにも用いられます。
クリスマスの時期には、サントリナに星や、リンゴ、ベルなどの飾り付けをして、
クリスマス用の寄せ植えをするのも、楽しくおしゃれです。

3.寄せ植えの注意点
寄せ植えする時は、軽く根鉢をほぐしてから植え付けるようにします。
こうすることによって、根付きが良くなります。

ただし、この時に根を傷めるとその後の生育に影響が出るので、
優しく根をほぐすようにします。

元肥、追肥には、緩効性化成肥料がおすすめです。
追肥は液肥などを利用すると良いでしょう。

伸びすぎた部分はこまめに剪定するようにし、
年に2回は鉢から出し、新しい用土で植え替えると元気に育ちます。

■関連記事
・サントリナの育て方|収穫しつつ刈り込むと元気に
・サントリナの剪定
 カテゴリ
 タグ