goya.JPG
うちのゴーヤたちも、雄花ばかり咲いています(汗


ゴーヤを育てていると、
雄花ばかりが咲いて雌花がなかなか咲かないことがあります。

雌花がつかない理由には、どのようなことが考えられるでしょう?


■ゴーヤ 雌花がつかない理由は?

1.摘心をしていない
ゴーヤは親ヅルを摘芯し、子ヅルを伸ばしていきます。
親ヅルを摘芯しないでいると、子ヅルが伸びていきません。

親ヅルには、雌花がつかない性質があります。
摘芯を行うのは、本葉が5枚くらいに育ったころです。

2.水が足りない
ゴーヤは水をとてもたくさん必要とする植物です。
水切れを起こすと、必要な栄養を生長に回して株は生き延びようとします。

そのため、たくさん栄養が必要になる実をならさないために、
雌花が咲かなくなってしまいます。

ゴーヤは毎日十分な水を与えます。
特に夏場は、朝と夕の2回は水を与える必要があります。

3.雌花をつける時期ではない
ゴーヤは短日植物です。
短日植物は、夏至(6月21日〜6月22日)よりも後の、
日中の日の長さが夜よりも短くなるまで雌花をつけない習性があります。 


夏至までに株を十分に生長させておくと、
その後、着果が安定し収穫量が多くなります。


goya2.jpg
今年は、あばしゴーヤ、沖縄中長ゴーヤ、種から育てた?ゴーヤの、
生長がまちまちな3種を植えたのが良くないのかも?


4.気温が低い
ゴーヤの雌花は、気温が充分に高くなってからでなければ花が付きません。
梅雨が明け、夏の暑さがやってくるまで待ちましょう。

充分な温度を保つためには、
日当たりのよい場所で育てる必要があります。

プランターの置き場所や、植え付ける場所は、
できるだけ日当たりのよい場所にしましょう。

また、気温が高くなり、株が蒸れると雌花がつかない原因になります。
摘葉を行い、風通しを良くしておきます。

摘葉を行うと、株の内側まで日当たりがよくなり、
収穫する実の量を増やすことができます。

5.肥料が合っていない
元肥に窒素成分が多すぎると、
葉が茂りすぎて花が咲かない原因になります。

ゴーヤは肥料をとても必要とする植物です。
収穫期を迎えたら、定期的に追肥をする必要があります。

葉が元気を失ってきたり、生長が遅くなったら、
肥料切れを起こしていると考えてよいです。

■ゴーヤのわかりやすい育て方
・ニガウリの花が咲かない結実しない理由は?
・ニガウリの発芽が悪く生長しにくい理由は?
・ニガウリ(ゴーヤ)をたくさん収穫できる育て方は?
・ニガウリ(ゴーヤー)の育て方|栽培しやすく美味で栄養たっぷり!
・ニガウリ(ゴーヤー)のプランター栽培|若どりで長期間おいしく収穫!
・ゴーヤ カーテンの作り方
・ゴーヤの簡単料理レシピ
・ゴーヤの品種は?
・ゴーヤ 摘芯のコツ
・ゴーヤ 実が割れる理由は?
・ゴーヤカーテン 大きくならないのは?
 カテゴリ
 タグ