Pelargonium (2).jpg
センティッド・ゼラニウムのローズ


センティッド(センテッド)・ゼラニウムは、
その品種によって、香りがさまざまです。

その香りによって、利用法もいろいろありますので、
好みの香りを見つけて、利用するのも楽しみです。


■センティッド・ゼラニウム 利用法

センティッド・ゼラニウムの香りは、茎と葉にあります。
ハーブは良くドライにして利用されますが、
センティッド・ゼラニウムは、乾燥すると香りが薄くなるので、
生の葉を用いることが多いです。


1.センティッド・ゼラニウムの収穫時期
常緑性に属するため、基本的には一年を通して、収穫することができます。

しかし、センティッド・ゼラニウムの香りをより楽しみたいのであれば、
春と秋に摘み取るのが一番香りが良いようです。

精油が作られる季節も、最も生育する春と秋だそうです。

2.香り付けに利用するには?
クッキー、パウンドケーキ、パンなどに利用するときは、
香りを良くするために、細かく刻んだ葉をごく少量入れるとよいです。

ティー、ゼリー、ジャムに入れる利用方法もあります。
冷たいものは、調理の段階で熱い時に葉を入れると、香りが移りやすくなります。

葉そのものは美味ではないので、香りが移たら取り出します。


Pelargonium.jpg
センティッド・ゼラニウムと思われるゼラニウム


3.センティッド・ゼラニウムの花の利用法
花は、サラダやデザートに添えると可愛らしいです。

香りは、ほとんどなく、口にすると苦いので食べないほうが無難です。

4.品種による香りの違い
品種の多いセンティッド・ゼラニウムですが、
どの葉も同じように使えます。

ただ、香りは異なるため、ローズゼラニウム、レモンゼラニウム、
ライムゼラニウムアップルゼラニウムなどなど10種類以上の中から、
好きな香りを探すのも、楽しみの1つです。

バスに利用するときは、葉をガーゼなどに包んで使うとチクチクしませんね。

■関連記事
・センティッド・ゼラニウムの育て方|品種により異なる香りと花色が楽しい
・センティッド・ゼラニウム 剪定