natumikan014.jpg
ずっしりとした実がいいですね


夏ミカン・甘夏は適度な酸味と苦みが特徴です。
温暖な地方では酸味を抑えるために実をつけたまま越冬します。

美しい樹形に、鮮やかな実がなっている姿は美しく、
観賞用にも向いていて人気の果樹です。


[夏ミカン・甘夏 鉢植えの育て方]


■植え付け

植え付けは3月〜4月ごろ行います。
夏ミカン・甘夏は大きく育ちます。

鉢は8号鉢くらいのものを用意します。
用土は、赤玉土6に対して腐葉土3と川砂1を合わせておきます。

鉢底に鉢底石を鉢の1/5の深さまでいれます。
鉢の1/3の深さまで土を入れます。

根を広げるように鉢に入れ、残りの土を入れます。
隙間が空かないように、棒などでついてしっかりと土を固めます。

植え付け後は、水を与えます。


natumikan010.jpg
花もかわいいです


・鉢の置き場所
夏ミカン・甘夏は日当たりのよい場所を好みます。
栽培環境は、平均気温が16.5度以上です。

伊豆地方や和歌山県の南端、九州地方では、
冬も屋外で過ごすことができます。

温州ミカンを栽培することが可能な地域で栽培は可能ですが、
冬は株元をわらなどで覆って保温し、実は12月に収穫します。

寒冷地では、冬は屋内の日当たりのよい場所で育てます。

・植え替え
柑橘類は、2年に一度は植え替えが必要になります。
今植えている鉢よりもひと回り大きな鉢を用意し、
植え付け時と同様に植え替えを行います。

この時に、あまりにも伸びすぎた根や傷んだ根を切り落とします。


■仕立て方

鉢植えでは樹高を鉢の3倍くらいに抑えます。
主幹を自然にのばした主幹形がよいでしょう。


■剪定

剪定は、3月ごろに行います。
重なり合った枝や、徒長した枝、
下向きに生えている枝を切り落とし、樹形を整えます。


natumikan007.jpg
皮を砂糖漬けにするのも美味です


■栽培管理

・水やり
鉢の表面が乾いたら、鉢底から水が流れるくらいたっぷりと水を与えます。

・施肥
3月、5月、9月、11月に化成肥料を一握り株もとに撒いておきます。

・収穫
鉢植えであれば、1本の樹に実は3〜4個ならすようにし、
それ以外の実は摘果します。

夏ミカンは実がなった翌年の5月〜6月に、
甘夏は3月〜4月に収穫を行います。
関東地方で屋外で栽培するときは、12月に収穫し、追熟させます。

>>夏ミカン・甘夏 庭植えの育て方
>>柑橘類の育て方を各種見てみる
 カテゴリ
 タグ