daidai005.jpg
確かに縁起が良さそうな木です!


ダイダイ(橙)は丈夫で育てやすい果樹です。
家に植えていると、「代々家が栄える」と言われている縁起の良い樹です。

美しい実は観賞用にも向いていて、
正月のしめ縄の飾りや、鏡餅の上に飾られています。

苦みや酸味が強く、生食には向きませんが、
マーマレードに加工するとおいしくいただけます。

ブーケという品種は香水の原料となる、
精油を取るために栽培される樹です。

観葉植物として室内で育てると、
家の中で良い香りを楽しむことができます。


[ダイダイ 鉢植えの育て方]


■植え付け

ダイダイの植え付けは、3月〜4月ごろに行います。
ダイダイは樹勢が強く、特に土壌は選びません。

市販の用土で充分ですが、自分で用土を配合するのであれば、
赤玉土7に対し、腐葉土は3の割合で配合します。

7〜8号の鉢を用意し、鉢底石を敷きます。
用土を鉢の3分の1ほど入れ、苗木を植え付けます。

苗木の根は重なり合わないようによく広げてます。

鉢に苗を置いたら鉢の8分目まで土を被せ、しっかりと土を固めます。
植え付け後は鉢底から水が流れるようにたっぷりと水をやります。


daidai.jpg
ダイダイの苗、時期などにより結実している苗も! C)ガーデン ストーリー


・鉢の置き場所
日当たりのよい環境を好みますが、多少日陰でもよく育ちます。

栽培適地は関東以南なので、それよりも寒い地域では、
冬は室内に取り込んで育てましょう。

風で葉や枝同士がこすれて傷がつくと、そこから病気が発生します。
鉢は強風の当たらないところに置きましょう。

・植え替え
柑橘類は細根が多く、2年に1度は植え替えが必要です。
植え替えの時期は3月〜4月ごろです。
1回り大きめの鉢に植え替えを行います。


■仕立て方

鉢植えでは樹高を鉢の3倍くらいに抑えます。
開心自然形か模様木風に仕立てるとよいでしょう。


moyogi.jpg
模様木風仕立てで、3本の枝を中心に育てると良いでしょう


■剪定

ダイダイの剪定は3月に行います。
剪定は込み入った枝を切り、
樹の内側の日当たりをよくするように行います。
*詳しい剪定方法は、ユズに準じますので下記をご覧ください。
>>ユズ 仕立て方と剪定方法は? 図解


■栽培管理

・水やり
鉢の表面が乾いたら、鉢底から水が流れるくらいたっぷりと水を与えます。

・施肥
3月上旬の春肥、6月上旬の夏肥、9月上旬の初秋肥、
10月下旬の晩秋肥の年4回施肥を行います。


daidai010.jpg
花や実が多いときは、摘んでおきます


・収穫
ダイダイは1つの樹にたくさんの実をつけます。

鉢植えの場合は、摘果を行い、実の数を制限し、
1つの実に十分な栄養がいきわたるようにしましょう。

>>ダイダイ 庭植えの育て方
 カテゴリ
 タグ