English Lavender (4).JPG
初夏に咲き出してくるのが愛らしいです


ラベンダーの苗を買ってきて植えたのに、
花がまったく咲かないことがあります。

種をまいたのに、花穂が出てこないこともあります。
ラベンダーの花が咲かない原因はなんでしょう?



■ラベンダー 花が咲かない原因は?

1.株が充分に育っていない
植物が花を咲かせるためには、
根がしっかりと育っている必要があります。

苗が花芽をつけるほど生長していないと、
植えた年には花が咲きません。

また、株自体の生長が充分であっても、
植え付けた環境で、根が充分に育っていないと、
花芽をつけることができません。

植え付けた年に花が咲かないときは、その年の花をあきらめ、
1年間株をしっかりと育てて翌年の花を待つことにしましょう。


6月ごろに剪定を行い、株の風通しを良くし、
高温と多湿に注意しながら夏を超し、9月に追肥を行います。

冬は株もとを枯れ草などで覆い、風よけを行います。
3月ごろ肥料を与えます。
乾燥しすぎないように注意が必要ですが、
過湿しすぎるのも良くありません。

2.苗に花芽がついていない
ラベンダーの花が咲くのは年に1〜2度です。

苗を買い求めた時期が6月頃であれば、
すでに花が終わっていた可能性があります。


その場合は、今年の花は諦めるより仕方ありません。
翌年の開花を楽しみにしながら、1年間しっかりと株を育てましょう。
*購入するときに、いつ咲くのかお店に確認すると安心です。

3.肥料を与えすぎている
ラベンダーは肥料が多すぎると花が咲きません。
特に、窒素成分が多いことが花を咲かせない原因になります。


ラベンダーの肥料は3月と9月に行います。
元来あまり多くの肥料を必要としない植物なので、
化成肥料を控えめに与えるようにします。

4.根詰まりを起こしている
ラベンダーを鉢植えで育てていると、
株が大きくなるにつれて根詰まりを起こしてしまいます。

根詰まりは、株を弱らせるので花が咲かない原因になります。
4月〜5月もしくは9月〜10月にひと回り大きな鉢に植え替えましょう。



kirimodosi.jpg
梅雨前に剪定をしてあげます


5.剪定が足らない
ラベンダーは剪定がとても大切です。
梅雨前に10〜15pくらいの花芽の上で切りそろえ、

剪定で弱った枝や細い枝を切り取って風通しを良くし、
夏に株元が蒸れるのを防ぎます。


泥はねがないようにマルチをしてあげるのも良いですね。

剪定を怠ると、株が弱ってしまい、花芽が付かないだけではなく、
枯れてしまう原因になります。

■ラベンダーのわかりやすい育て方
・ラベンダーの育て方|生命力があり育てやすいハーブ
・ラベンダーの利用方法|ティー、ドライ、バンドルズに最適
・ラベンダー 植え替えは?
・ラベンダー 鉢植えのコツ
・ラベンダー 冬の育て方 
・ラベンダーの耐寒性|品種による越冬対策
・ラベンダー 収穫時期
・ラベンダー 乾燥方法
・ラベンダー 育てやすい品種
・ラベンダー 夏の育て方
・ラベンダー 枯れてきた原因は?
 カテゴリ
 タグ