yuzu.jpg
本ユズは、お料理に添えると抜群ですね


ユズは、香りがよく、料理に添えると味をぐんとひきたててくれます。
ユズには本ユズとハナユがあります。
ハナユは樹形もコンパクトで実付きも良く、育てやすいのが魅力です。

ですがやはり、すっきりとしたまろやかな香りは本ユズに限ります。
本ユズは多少栽培にコツが必要ですが、
ポイントさえ押さえれば毎年実をならせることが可能です。

arrow46-011.gif栽培ポイント
1.若い木のうちに樹形を仕立てます。
2.早めに摘蕾や摘果を行い、隔年結果を防ぎます。
3. 適切な時期に追肥を行います。 



[本ユズ 庭植えの育て方]


■栽培適地と品種の選び方

・栽培適地
ユズは柑橘類の中でもっとも耐寒性にのある果樹です。
どちらかというと寒冷な土地の方が栽培に適しています。

年間の平均気温は12℃以上で、
最低気温が−7℃以下にならないところが良いでしょう。

植える場所は、夏の西日や冬の北風に当たらないところを選びます。

・品種選び
ユズには、「無核種」「早期結果種」「普通種」の3つの系統があります。 
カラタチの台木に接ぎ木した、1〜2年生のポット苗を購入します。

時々、接ぎ木でない苗木が売っていることがあります。
実勢苗というのですが、生長が遅く、
植え付けから収穫まで10年から20年もかかってしまいます。

必ず、接ぎ木の苗であることを確認してから購入しましょう。
接ぎ木の苗木であれば、植え付けから3〜5年で結実します。

無核種」は、果実に種が少ないか、全くないのが特徴の品種です。
代表品種に「多田錦」があります。

多田錦は、香りはやや少ないのですが、果汁が豊富です。
樹形が強くて育てやすく、トゲも小さいので扱いやすいといえます。

隔年結実がなく、ユズの中では3年と比較的早くに結実します。
実はたわわに実り、実の貯蔵性も良く、
収穫後2か月は保存することができます。

早期結果種」の代表品種は「山根」です。
実が大きく、香りが強く、早く結実するので初心者向きの品種です。
ただ、耐寒性が弱いので、冬に極端に気温が低くなる、
地域では栽培が難しいでしょう。

普通種」は「木頭」が代表的な品種です。
樹形が強くて育てやすい品種です。実が大きく、収穫量も豊富です。
人気の品種ですが、トゲが密生するので取扱には注意が必要です。


honyuzu.jpg
木頭本ゆず 15cmポット接木苗  C) 土っ子倶楽部


■植え付け

ユズの植え付けには、直径6〜7メートルほどの空間が必要です。
植え付け後に順調な成長を促すためには、土壌を柔らかく耕し、
肥沃な状態にしておきます。

12月〜2月ごろに直径1m、深さ60cmほどの穴を掘ります。
土はそのまま霜に当てます。こうすることで、土が細かくなります。

掘り上げた土に、苦土石灰3s、熔燐1s、
鶏糞と完熟たい肥各4sを混ぜ、穴を埋め戻します。

苗を購入したら、根が乾燥しないように、
麻袋を濡らしてかけるか仮植えして水を与えます。

植え付けは、3月下旬〜4月上旬ごろまでには終わらせるようにします。
植え付ける時は、苗の根についている土を洗い、
根の先端が痛んでいたら切り落とします。

1年生の苗木であれば、接ぎ木の部分から50〜60cmで切り戻し、
癒合剤財を塗っておきます。

植穴は深く掘り、根をできるだけ広げて植え、
接ぎ木のところまで盛り土をします。

盛り土がしっかりと湿るように水を与えてから、
盛り土を麻布などで覆い、さらに水を与えます。
支柱は地面から斜めに立てます。


sitatekata.jpg
開心自然形で主枝を3〜4本残し誘引します


■仕立て方

ユズは樹勢が強く、直立上に伸びる習性があります。
木が高く伸びてしまうと、収穫や、病害虫の駆除が難しくなるので、
低く管理しやすいように仕立てる必要があります。

一般的には、開心自然形か杯状形にします。
主枝を3〜4本残し、他の枝を切り取ります。

残した主枝を地面に固定した杭からロープを張って、
枝を下に引っ張るように広げていきます。

この時に、分岐部がさけてしまわないように、
枝の根元同士をロープで縛っておきます。


■剪定

ユズは樹勢の強い木なので、剪定を欠かすことができません。
3月ごろから、開花までの時期に、主枝に交差する枝や、
競合する枝を切り取ります。

また、ユズには表年(豊作の年)と裏年(不作の年)があり、
交互に繰り返す隔年結果になりやすい果樹です。

しかし、管理の仕方で、隔年結果にならないようすることができます。
ユズには春枝、夏枝、秋枝があります。
春枝は、春に伸びる枝で、翌年の結果母枝になります。

この春枝を剪定によって調整することで、隔年結果を矯正していきます。
裏年の年には春枝が多くあります。

夏枝、秋枝とともに剪定し、良質の春枝だけを残します。
逆に、表年には花芽の付いた枝をできるだけ残すように剪定をします。


yuzu (16).jpg
愛らしい花


■栽培管理

・施肥
春肥は生長に欠かせない元肥となります。
1月〜2月に苦土石灰と鶏糞などの有機物を混ぜたものを施します。
3月には、油かす1または鶏糞を施します。

夏肥は、夏枝が伸長し、
幼果が大きくなり始める6〜7月ごろにイワシかすや油かすを施します。

秋肥は、秋枝が伸長し、果実が大きく育つ9月から、収穫期の11月ごろに、
イワシかすや油かすを施します。

気温が低くなると、肥料の効きが悪くなるので、
気温が12℃以上の時期に施しましょう。


yuzu0022.jpg
ユズの赤ん坊です!


■摘蕾・摘果
ユズは、摘蕾や摘果を行うことで、
一つ一つの果実に栄養をいきわたらせることができます。

また、果実の数を管理しないと、
木の勢いが弱り、隔年結果の原因になります。

摘蕾は、できるだけ早い時期に手で摘み取ります。
摘蕾が充分にできなかったときは、
6月ごろの自然落下に合わせて摘果します。

摘蕾、摘果は、木全体にまんべんなく間引く全面摘果、
木の半分だけを完全に取り除く樹半分全摘果、
枝ごとに実をならす枝とならさない枝に分ける、
主枝・亜主枝単位の全摘果があります。


yuzu (13).jpg
トゲに注意して収穫します


■収穫
ユズは、10月中旬から下旬にかけて、黄色く色づいた実を収穫します。
ユズは外皮が弱いので、収穫時期に傷をつけないように、
枝のトゲを切りながら行います。

■病害虫
・そうか病
カビが原因の病気で、感染すると病斑が突起し、伝染していきます。
見つけ次第除去します。

・黒点病
カビが原因の病気で、黒点状の病状が現れます。
枯れ枝を放置しないように気を付けることで予防できます。

・灰色かび病
開花時期に多湿になると発生する病気です。
開花時期に枝を軽くゆすって花弁をふるい落とします。
雨の多い年は、特に注意が必要です。

■ユズのわかりやすい育て方
・ユズの育て方 庭植え|耐寒性が高く初心者にも
・ユズの育て方 鉢植え|低木のハナユが栽培しやすい
・ユズ 実をならせるには?
・ユズ 仕立て方と剪定方法は? 図解
・ユズ 葉が落ちる原因は?
・ユズ 枯れる原因は?
・ユズがたくさん! 利用方法
・ユズの種類は?
・ユズの栄養
・ユズの肥料は?
 カテゴリ
 タグ