cardamon640.jpg
カルダモン


科名:ショウガ科
別名:マラバル・カルダモン
英名:cardamon
性質:多年草
利用箇所:種子



arrow46-011.gif栽培ポイント
1.温度管理が大切で、周年20度くらいの気温で育てます
2.柔らかい日差しが当たる環境を好みます
3.乾燥に弱いので水切れに注意します 

■品種

カルダモンにはいろいろな種類がありますが、
真にカルダモンと呼べるものは、マラバル・カルダモンです。

マラバル・カルダモンが緑色に褪色するのを防ぐために、
特別な包装をしてつくられたものに、
グリーン・カルダモンとホワイト・カルダモンがあります。

マラバ・ルカルダモンの亜種には、セイロン・カルダモン、
マイソール・カルダモン、ブラック・カルダモンがあります。


cardamon004.jpg
カルダモンの実


■栽培管理

・種まき
種をよく洗い、水につけて給水させます。
種を乾燥させ、パーミキュライトなど、
清潔な用土に撒き、土を軽く被せます。

暖かい場所で、湿り気のある状態を保ち発芽を待ちます。

・鉢の置き場所
カルダモンは栽培環境が難しい植物です。
年間を通じて20度くらいの温度を保つことができ、
柔らかい日差しが当たる環境が最適です。

ちょうど、温室のような環境です。
夏の暑さには耐えることができますが、
耐寒性はなく、8度以下の環境では越冬することができません。

日陰でも育ちますが、
適度な日差しが無ければ花が咲かないことがあります。

鉢は、日当たりのよい半日陰で、風が当たらず暖かい場所に置き、
冬は室内に取り込み、日当たりのよい場所に置くとよいでしょう。

・用土
カルダモンは水はけのよい土壌を好みます。
赤玉土6に対し、腐葉土を4混ぜた用土が適しています。

・水やり
カルダモンは水切れに弱いので、
鉢の土が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。

冬は、生長が緩やかなので夏に比べて少し水やりを控えますが、
乾燥すると枯れてしまうので注意が必要です。


cardamon003.jpg
カレー用のスパイス


・肥料
植え付け時に元肥として緩効性の肥料を施しておきます。
5月〜10月の生長期には2か月に1回固形の肥料を置き肥します。

・植え替え
鉢から根が出てきたら、根詰まりを起こしているサインなので、
ひと回り大きな鉢に植え替えを行います。

鉢を引き抜いた後、土を軽く落とし、
古くなっていたり伸びすぎた根を切り落としてから、
新しい鉢に植え替えます。

・増やし方
カルダモンは株分けや、種子をまいて増やすことができます。
株分けは、植え替えを行うときに行うとよいでしょう。

古い根や伸びすぎ種を整理すつる時に株を切り分けます。
親株と子株に分けますが、古株の方に根を多くつくように分けると、
その後の生育がよくなります。


cardamon002.jpg
カレーはもちろん、焼き菓子、ジャム、コーヒー、ハーブティーに良い香りです


■収穫

9月〜10月に実が熟してきます。
完熟する寸前に取り、乾燥させます。
実の中の種を取り出して利用します。


■病害虫

高温で乾燥した季節にはハダニが付きやすくなります。
ハダニは葉の裏につき、葉の汁を吸い取ります。
ハダニが付くと、葉が白っぽくなります。

見つけ次第ハダニ剤を撒いて駆除します。
ハダニは湿った環境を嫌うので、
葉が乾燥しないように気を付けるとよいでしょう。

>>カルダモン 効用と利用
 カテゴリ
 タグ