tahiti.jpg
スイカ黒玉タヒチの種


黒玉スイカは、インパクトがあり、プレゼント用にも人気が出ています。
どんな種類があるのでしょうか?


■スイカ黒玉の種類は?

・タヒチ 
北海道で栽培されている「でんすけ」や「ダイナマイト」は、
このタヒチを各産地でブランド化したものです。

タヒチは大玉で、重さは7〜8sにもなります。
真っ黒な皮に、真っ赤な果肉がインパクト大の品種です。

糖度は12度と高く、しまった肉質でシャリシャリとした食感を楽しめます。
タヒチは炭そ病とつる割病には耐病性がありますが、
気温などの影響を受けやすい性質です。

・ブラックムーン
真っ黒の外観はインパクト大ですが、
割ると鮮やかな黄色の果肉が顔を出し、2度驚かされます。

大玉で、実は7〜8kgにまで生長します。
実は空洞になりにくく、しまりがあって、
12度〜13度の安定した甘さを楽しむことができます。

強草性で、病害虫に強く、実は日持ちします。

・黒スイカくろがね
真っ黒の皮に、真っ赤な実が印象的で、
実は10sまで育つ大玉の品種です。

糖度も12度〜13度と、スイカ本来の甘みを堪能できます。
雌花がよく咲き、着果がよいのが特徴です。

・ブラックジャック
種なしスイカの中でも空洞化や変形が少ない品種です。
縞のない真っ黒な外観で、実は6〜8sまで育ち、
糖度は12.5度くらいでこくがあります。

種なし種特有の繊維質が無く、口どけが柔らかです。
外皮が固く、痛みにくいのもうれしい特徴です。

種なしスイカは、雄花に花粉が少ないので、
近くに種ありのスイカを植える必要があります。

・ブラックボンバー
黒光りするほどの濃い緑色で、
重さ2.5kg〜3sくらいの小玉スイカです。

糖度は12度と、安定した甘さです。
草勢も良く、着果も安定的で裂果も少ない品種です。

・3×サンバ
濃い緑色で、黒い縞の入った外観の種なしスイカです。
実は8〜10sになる大玉で、果肉のしまりがよく、
12度〜13度と甘みも安定しています。

草勢がよく、着果も良いです。
種なしスイカなので近くに種ありスイカを植える必要があります。

・月美人
黒緑色の外皮に鮮やかな黄色意味が特徴です。
実は7kgほどの大きな実が安定して収穫できます。

12度以上の安定した甘みに、適度なシャリ間を楽しむことができます。
低温でもよく生長し、着果もよく育てやすい品種です。
*写真取材中です。

■スイカのわかりやすい育て方
・スイカ栽培 割れを防ぐには?
・スイカ 収穫時期は?
・スイカの育て方(地植え)|摘芯摘果と施肥で、大きく甘く栽培
・スイカのプランター栽培|早めの育苗で夏バテする前に収穫します
・スイカ 実がならない理由は?
・スイカを甘く育てるコツは?
・スイカ かかりやすい病気は?
・スイカ畑の準備
・スイカ 雌花が咲かない
・スイカの摘芯
・スイカ 受粉のコツ
・スイカ栽培 肥料は?
・スイカ 大きくならない理由は?
・スイカ 玉直しの仕方は?
 カテゴリ
 タグ