goyaCurtain (2).jpg
ゴーヤカーテン 大きくならないとショックです!


ゴーヤを育てて緑のカーテンを作ろうと思っても、
なかなか大きくならないことがあります。

ゴーヤカーテンが大きく育たない原因はなんでしょうか?


■ゴーヤカーテン 大きくならないのは?

1.プランターが小さい
ゴーヤは大きく育つ分、根も大きく広がります。
プランターで育てる場合は、根詰まりを起こさないように、
大きめのプランターを用意する必要があります。

ゴーヤカーテンを作る場合、一株につき、最低でも20リットル以上の、
プランターを用意したほうが良いでしょう。
*標準プランターは、65p×22p×深さ18.5p=15リットルです。
一回り大きいものか深さのあるプランターを用意しましょう。


根詰まりを起こしてしまった株は、植え替えることができません。
すでに植えてしまって根詰まりを起こしてしまった時は、
土に垂直にシャベルをさし、根を何箇所か切ってしまうと、
ゴーヤカーテンが元気を取り戻すことがあります。

2.元肥が足りない
ゴーヤは、大きく育つためとても栄養が必要な野菜です。
畑の場合は、植え付けの1か月前から畑の準備をし、
元肥を土になじませておいた方がよいでしょう。

プランターでも、赤玉土7割に対して腐葉土を3割まぜ、
こまめに追肥を行うとゴーヤカーテンが大きく育ちます。


goyaCurtain (1).jpg
ゴーヤは、日当たりが良いのが大好きです


3.日当たりが悪い
ゴーヤは九州や沖縄原産の野菜で、日当たりがよい環境を好みます。
植え付ける場所は、日当たりのよいところを選びましょう。

ゴーヤカーテンのプランターの置く場所も、
できるだけ日照時間が確保できる場所を選んだ方がよいです。

日当たりが少ないと、生長が遅くなってしまいます。
ゴーヤは真夏の暑い時期になると生長スピードが遅くなります。
できれば真夏が来る前にゴーヤのカーテンしっかりと生長させたい所です。

4.摘心をしていない
ゴーヤは摘芯をしないと子づるや孫づるといった側枝が伸びていきません。
緑のカーテンは、子づるを伸ばしていくことで葉の数が増え、
隙間のなく大きく仕上がります。

また、摘芯をしないと雌花が咲きにくくなり、収穫量も減ってしまいます。
摘芯は、本葉が5〜6枚育ったころに行います。

5.水分が少ない
ゴーヤカーテンは、葉数が多い分葉からの蒸散が多く、
水切れを起こしやすくなります。

水切れを起こすと、生長が遅くなり、葉も縮れてしまいます。
雌花も咲きにくくなり、収穫量も少なくなってしまいます。

土が乾いたらしっかりと水分を与えるようにしましょう。

■ゴーヤのわかりやすい育て方
・ニガウリの花が咲かない結実しない理由は?
・ニガウリの発芽が悪く生長しにくい理由は?
・ニガウリ(ゴーヤ)をたくさん収穫できる育て方は?
・ニガウリ(ゴーヤー)の育て方|栽培しやすく美味で栄養たっぷり!
・ニガウリ(ゴーヤー)のプランター栽培|若どりで長期間おいしく収穫!
・ゴーヤ カーテンの作り方
・ゴーヤの簡単料理レシピ
・ゴーヤの品種は?
・ゴーヤ 摘芯のコツ
・ゴーヤ 実が割れる理由は?
 カテゴリ