lemon004.jpg
種を見ると育ててみたくなりますね


レモンの果汁をしぼったら、大粒の種が出てきました。
この種を植えたら、芽が出るのでしょうか……。

種からレモンの実が収穫できるくらいまで、
育てることはできるのでしょうか? 

■レモン 種からの育て方

1.レモンの種を植えたら発芽する? 
レモンの実には種が入っています。
その種を植えると、ちゃんと芽が出てきます。

レモンの種は、一粒からたくさんの芽が出て来るものがあります。

2.種を植えて収穫までどれくらい? 
レモンを種から育てることを実生を育てると言います。
レモンの実生は木の勢いが強く、実が付きにくいのです。

種を植えてから、実がなるまで10年はかかると覚悟しておきましょう。
ただ、レモンの葉は艶のあるきれいなグリーンで、
実よりもすがすがしい香りがするので、
観葉植物として気長に育てるのも良いものです。

3.管理の仕方は?
・種まき
種まきは、2月下旬から3月上旬に行います。
鉢に赤玉土と腐葉土を2:1の割合で混ぜ、
少し砂を混ぜて水はけを良くした用土を入れます。

土に穴を開けて種を入れ、1p程土をかぶせます。
発芽までは乾かないようにします。

・発芽後の管理
発芽後は、日当たりのよいところで管理をします。
レモンの生長はとても遅く、
特に発芽から1〜2年はしっかりと日光を当てて育てます。

水は、土が乾いたらたっぷりと与えます。
レモンの種は一粒から数本の芽が出てくることがありますが、
生長の良いものを間引いて1本にして育てます。

・肥料
4月〜9月に緩効性の肥料を与えます。
液体肥料を水やりの代わりの与えても良いでしょう。

・剪定
レモンは生長がとてもゆっくりなので、数年は剪定を必要としません。


aomusi-0eace.jpg
アゲハチョウの幼虫、一晩でサンショウを丸坊主にされました!


・注意点
レモンは寒さに弱いので、
冬は室内の日当たりのよいところで育てましょう。

それ以外の季節は屋外の日当たりのよいところで育てますが、
害虫には注意が必要です。

特に、アゲハチョウの幼虫はレモンの葉を好みます。

一晩で葉がなくなるほど勢い良く食害するので、
アゲハチョウを見かけたら葉をよく観察して、
卵や幼虫を発見したらすぐに取り除きましょう。

■レモンのわかりやすい育て方
・レモンの葉が枯れる理由
・レモン 鉢植えのコツ
・レモンの木の育て方のコツ
・レモンの育て方 庭植え|低温に弱いので冬は防寒対策を
・レモン栽培 鉢植えと庭植え|長所と短所は?
・レモンの育て方 鉢植え|春の花だけ結実させて立派な実に
・レモン 花は咲くが実がならない
・レモン 花が咲かない理由は?
・レモン 剪定方法は?
・レモン 室内での育て方
 カテゴリ
 タグ