siso (5).jpg
シソの収穫を増やすのは?


■シソ 収穫を増やすには?

1. 摘芯する

シソをたくさん収穫する一番の近道は、枝の数を増やすことです。
枝の数が増える分、葉の枚数も多くなります。

葉の枚数が多くなれば、その分収穫できる量も増えますね。
ただ、枝葉が増えていくに従い、水を吸う量は大きくなります。

シソは水切れに弱いので、枝葉が増えたら土が乾燥しないように注意します。
また、枝が混みすぎると風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすいです。

枝が混みすぎたり、すでに葉を収穫して不要になった枝などは、
その都度、枝の付け根から切るようにしましょう。

◎摘芯方法
枝を増やすために摘芯を行います。
摘芯を行うと、脇芽が育って枝数が増えます。

摘芯を行うのは、草丈が30cmほどに達してからにします。
それよりも低い時に摘芯を行うと、
花穂が出てきやすくなってしまいます。

シソは花が咲いてしまうと枯れてしまうので、
摘芯するタイミングには注意しましょう。

2. 追肥をする
あまり多肥にする必要はありませんが、
肥料切れを起こすと、生育が悪くなってしまいます。

植え付ける際に緩効性の肥料を混ぜ込んでおき、
さらに1週間に1回くらいのペースで、
規定通りに薄めた液体肥料を水代わりに与えるようにします。

あまり多肥にしてしまうと、
害虫が寄りやすくなることがあるので注意しましょう。


siso.jpg
花穂を放っておくと枯れてしまいます


3. 花穂を切る
花穂が出て花が咲いてしまうと、シソはそのまま枯れてしまいます。
そのため、花穂が伸びてきたらその都度切り落としましょう。

たいていは秋になると花穂が伸びてくるのですが、
他にも花穂が出やすくなる原因があるので、
できるだけ気をつけるようにしましょう。

切り取った花穂は、佃煮や天ぷらなどの料理に使える他、
刺身の添え物として使うこともできます。

◎花穂が出る原因
1.低い位置で摘芯をした
2.低温にあたった
3.大きな害虫被害にあった
4.水切れをさせてしまった
5.根詰まりを起こした

■シソのわかりやすい育て方
・シソとは?|薬効が魅力、収穫時期で様々に楽しめる
・シソの害虫対策|無農薬栽培のために
・シソのタネをまいたけど全然発芽しない理由は?
・シソの育て方|成長に応じた収穫を楽しんで栽培
・シソのプランター栽培|無農薬で安心美味なシソを収穫
・シソの葉 大きく育てるには?
 カテゴリ
 タグ