sityu002.jpg
支柱を縦横と斜めにわたす直立式の支柱です


トマトやナス、ピーマン、ゴーヤなどは、
丈が伸びるので支柱を必要とします。

支柱を立てることにより、植物の育成を助け、
病害虫を防ぐ、日当りがよくなるなどの効果があります。

支柱に植物を誘引する場合は、きっちり固定せず、
少し余裕をもった状態で、ひもで八の字に結びます。

こちらでは、トマトの地植えのさまざまな支柱の立て方をご紹介します。 


kessokubando.jpg
簡結バンド C)アイリスオオヤマ
*支柱同士を結束するのに便利です


■トマト 地植え 支柱の立て方

1.直立式
野菜の株の脇にさす、一本仕立ての支柱です。
大玉トマトの場合は、脇芽はすべてとってしまいますので、
この一本仕立ての支柱を、地面に深さ30cmほどさして立てます。


tyokuritusiki.jpg
◎直立式の作り方
垂直の4本は特にしっかりと深めに立てましょう。
横に丈夫な支柱を渡し、ひもや針金でしっかりと固定します。

補強する場合は、斜め方向に支柱を渡し、
交差部分をしっかり紐で結びます。


キュウリ、ゴーヤなど、つるを伸ばしたいときは、園芸ネットをはります。


sityu001.jpg
園芸ネットを付けたゴーヤの支柱


2.合掌式
支柱を斜めに交差させるようにさし、横に一本渡して固定する立てかたです。
ミニトマト・キュウリなどに適しています。
長さ210〜240cm、太さ10〜20mmほどの支柱がよく使われます。 


gassyosiki.jpg
◎合掌式の作り方
まずは畝の両サイドに支柱を斜めに立てて交差させます。
深さは、支柱の20〜30cm ほどを土にさしましょう。

間隔を約60cmほどあけながら同じような支柱を数組立てていき、
最後に交差させた位置の高さを揃え、横に一本支柱を渡します。

支柱が交差している部分はすべてしっかりとひもなどで、
固定してしまうのがポイントです。


3.雨除け式
トマトやスイカなど、
雨に弱い野菜の栽培に使う支柱です。

市販の雨除けハウスもありますが、
自作できるようになると、低価格で今後の栽培にも役立ちます。


ameyoke.jpg
◎雨除け式の作り方
高さの違う支柱を立てて、補強支柱を横に組みます。

支柱の屋根部分を透明のビニールなど、
日光を透過するもので雨除けになるもので覆い、
風で飛ばないように要所を紐で固定します。

ビニールで覆うのは屋根部分だけにして、
下方はあけて風通しを良くすれば病気にもかかりにくいです。 


■トマトのわかりやすい育て方
・トマトの鳥害対策
・トマトのひび割れ、原因と対策は?
・ミニトマトの育て方|形色、好みの品種を栽培しよう!
・ミニトマトのプランター栽培|味の決め手は肥料と水やり!
・トマトの育て方|病虫害発生前に収穫するのがコツ!
・トマトのプランター栽培|摘芯と摘果で大きく甘く育てます
・ミニトマト ベランダ栽培のコツ
・トマトのわき芽かきと利用法は?
・トマトの肥料のやり方は?
・トマト 種まきのコツは?
・トマト 水やりのコツは?
・トマトがかかりやすい病気は?
 カテゴリ
 タグ