okinawagoya2.jpg
あばしゴーヤは、沖縄ゴーヤとも呼ぶようです


ゴーヤは沖縄から九州にかけて自生していた南国の野菜です。
種類によって大きさや苦み、実のなり方が違ってきます。

ゴーヤのさまざまな品種の種や苗が販売されているので、
自分の好みの品種を選ぶと面白そうですね。

現在、流通している品種をご紹介します。


■ゴーヤの品種は?


abasigoya.jpg
・あばしゴーヤ
沖縄の在来種で、20〜30pの長さで、
ずんぐりとした卵型の実がなります。

収穫量は多く、肉厚で苦みが少なく食べやすく、
家庭菜園に、いちばんおすすめの品種です。



nagaresisi.jpg
・さつま大長れいし
鹿児島県の在来品種で、
沖縄のゴーヤに比べ苦みが強いのが特徴です。

30p程の実がなり、収穫量も多めです。
本格的な苦みを堪能したい方向けのゴーヤです。



siroreisi.jpg
・白レイシ
真っ白で美しい実が成ります。
実は苦みが少なくてジューシーな味わいです。

サラダにしてもおいしくいただけます。
生育は旺盛で育てやすい品種です。



simasango.jpg
・島さんご
「アバシー」と呼ばれる、太くて短い形の実が成るゴーヤです。
暑さに強く、よく茂るのでカーテンにもお勧めです。

・島心
大型の実が成る品種です。長さは25p〜30p、
重さは400gくらいの、ずんぐりとした実が成ります。
肉厚で、苦みとみずみずしさのバランスの良い品種です。

・寿限無
25p〜30pの大型の実が成ります。
島心よりは細長い品種で、苦みは強めです。

・えらぶ
生育が旺盛で、実の付きも良い品種です。
ボリュームのある太い実が特徴です。

・スズメゴーヤー
手のひらサイズの小さいゴーヤが鈴なりになります。
小さくてかわいい形の実ですが、苦みは非常に強いのが特徴です。

・二色マジックゴーヤ
ゴーヤは緑色の状態で収穫するのが一般的ですが、
このゴーヤは黄色く完熟した実もおいしくいただけます。
鮮やかな黄色の実は美しく、観賞用にもお勧めです。

・カックロール
バングラデシュ原産のゴーヤで、苦みが少なく料理しやすいです。
南国のフルーツを髣髴とさせる楕円形の実がかわいらしい品種です。

花は少し大ぶりで、ハリネズミみたいにトゲがあり卵より一回り大きいです。
雌雄異株なので、雄株と雌株をそろえて植える必要があります。
他のゴーヤとちょっと差をつけたい方にお勧めの品種です。

■ゴーヤのわかりやすい育て方
・ニガウリの花が咲かない結実しない理由は?
・ニガウリの発芽が悪く生長しにくい理由は?
・ニガウリ(ゴーヤ)をたくさん収穫できる育て方は?
・ニガウリ(ゴーヤー)の育て方|栽培しやすく美味で栄養たっぷり!
・ニガウリ(ゴーヤー)のプランター栽培|若どりで長期間おいしく収穫!
・ゴーヤ カーテンの作り方
・ゴーヤの簡単料理レシピ
 カテゴリ
 タグ