kabu013.jpg
日野菜カブ、太さは2〜3cm、長さ25cmほどで美しい


カブは、お料理に活躍し、栽培難易度も低く、
プランターでも栽培が可能な野菜なので初心者にもオススメです。


arrow46-011.gif栽培ポイント
1.地中海沿岸が原産地なので暑さには弱い。
寒さには比較的強いが12 ℃以下の気温が、
一ヶ月以上続くと花が咲き収穫ができなくなるので注意しよう。
2.連作障害があるので、一年間は同じ場所で栽培しないようにします。
3.雨にあたりすぎたり、収穫が遅れると実が割れるので早めに収穫します。
4.タイミングよく間引きをしてカブを大きくきれいに育てます。 



■品種

カブは大きさ別に大カブ、中カブ、小カブ、色カブにわけられます。
カブ栽培初心者の場合は、「小カブ」の栽培がオススメです。


■栽培管理

・まき場所
生育適温が15℃〜20℃ 
冷涼な気候を好みます。

・タネまき
直まきのみで、適期は春まきは3月〜4月、
秋まきは9月から10月下旬となります。

30cmほどの間隔でまいていきます。
覆土をしたら表面をしっかりと押さえて、
タネと土を密着させたっぷりの水を与えます。

・間引き
双葉が開いたころに生長の悪いものを間引きし、
株間が3cm程度になるようにします。

さらに本葉が2〜3枚のころに2回目の間引きをし、株間を5〜6cm程度に、
本葉が5〜6枚のころに3回目の間引きをして、
株間が10cm程度になるようにしていきます。

・水やり
土の表面が乾いていたら水やりをします。

・肥料
2回目と3回目の間引きのあとに液体肥料などの追肥を施します。
その後も生育をみながら1〜2週間に一回程度追肥を施します。

化成肥料の場合は2週間に一回程度、
液肥の場合は1週間に一度程度を目安にしましょう。


kabu011.jpg
トウが立つ前に収穫します


■収穫

種まきからやく45日程度で収穫ができるようになります。
収穫が遅れると「す」が入るので早めの収穫を心がけましょう。


■病虫害

アブラムシ コナガ アオムシなどに注意します。

■関連記事
・カブが丸くならない理由は?
・カブが太らない理由と対策
・カブが太る前にとう立ちする理由は?
・カブに「ス」が入ったり黒ずむ理由は?
・カブの裂根(実が割れる)を防ぐ方法は?
・カブの育て方|間引き、追肥と土寄せで大きく栽培
・カブのプランター栽培|こまめな水やりで、おいしい育て方を
 カテゴリ
 タグ