Lime01.jpg
美味なライムをたくさん収穫するには剪定が重要です


ライムは剪定を行って樹形を仕立てるのが大切ですが、
具体的にはどうやったらよいのでしょうか?

また、剪定に適した時期など、
気をつけなければいけないことをご紹介します。


■ライムの剪定方法

1.鉢植えのライムは模様木仕立てに仕立てる
鉢植えのライムは模様木仕立てに仕立てると、
丈夫でたくさんの実が付きやすくなります。


moyogi.jpg
模様木仕立てで、3本の枝を中心に育てます


模様木仕立てとは、幹を中心にして、
3本の枝をメインに仕立てる方法です。

まず、鉢に植え付けてすぐに(3月〜4月が適期)、
苗木の主幹を、鉢と同じ高さのところで切り詰めます。

翌年の春に、去年伸びた枝の先端を切り詰めます。
余分な枝は、根元から切り落とします。

夏になると新梢が伸びてきますが、
ワイヤーを巻き付けて上に伸びるように導きます。
模様木仕立ての理想の形は紡錘形です。

2.庭植えのライムは開心自然形に仕立てる
庭植えのライムは開心自然形に仕立てます。
開心自然形とは、主幹を短く切り詰め、
主枝を斜め上方に仕立てる方法です。

kaisinsizenke.jpg
開心自然形仕立ては、狭い場所でも育てやすいです


樹高を抑えるため場所を取らず、日当たりがよくなるため、
花芽がたくさんつきやすくなり、収穫量を増やすことができます。

植え付けて1年目に主幹を地面から40〜50pのところで切り詰めます。
2年目には主枝の先端を切り詰めます。
主枝は3本仕立てとし、余分な枝は根元から切り取って間引きます。

主幹も伸びて行こうとしますが、切り落としてしまいます。
3年目は3本伸ばした主枝の先端や、伸びてきた主幹を切り詰めます。
これで開心自然形の樹形はできあがります。

3.樹形ができてからの剪定方法
樹形ができてからは、間引き剪定を行っていきます。
ライムは春、夏、秋の3回枝を伸ばす時期があります。

春に伸びた枝には花芽が付いており、
切り落とすと実が付かない原因になります。

ライムの木は樹勢が強いため、
剪定を行わないと枝が込み入って病害虫の原因になりますが、
剪定を行うのは夏と秋に伸びた枝だけにします。

かんきつ類は強い剪定を行わず、
込み入った枝を間引く程度にします。
剪定を行う時期は、3月が適期です。

■関連記事
・ライムの苗 販売店紹介
・ライム 鉢植えの育て方
・ライム 庭植えの育て方
・レモンの育て方 庭植え|低温に弱いので冬は防寒対策を
・レモン栽培 鉢植えと庭植え|長所と短所は?
・レモンの育て方 鉢植え|春の花だけ結実させて立派な実に
 カテゴリ
 タグ