Lime04.jpg
実がなっているライム苗 C)ガーデンストーリー


ライムは独特の苦みと酸味が特徴の果実です。

果樹を利用して、ライムソーダや焼酎、
ライム割りなどにしていただきます。

料理との相性も良く、風味づけに利用すると、
レモンとはまた違った酸味を楽しむことができます。

レモンよりもクエン酸が豊富に含まれているので、
疲れを吹き飛ばしてくれる効果が大きいです。

南国のフルーツというイメージのライムですが、
日本でも育てることができます。

一つの木でとてもたくさんの実をつけてくれ、
栽培もそれほど難しくありません。

もちろん鉢植えで育てることもでき、
寒冷地でも室内で越冬させることができます。

[ライム 鉢植えの育て方]


■植え付け

苗木の植え付けは、3月〜4月に行います。

柑橘系用に配合した土を使うと手軽に植えることができますが、
自分で配合するときは赤玉土6:腐葉土3:川砂1の割合で用土が最適です。

大きめの鉢を選び、鉢底に小石を敷きます。
1/3ほど土を入れたら苗木を根を崩さないように入れ、
8分目まで土を入れてしっかりと土を固めます。
根付くまでは添え木を当てて固定します。


■仕立て方

鉢植えのライムは、開心自然形、模様木風に仕立てると、
たくさん実を付けることができます。

模様木風仕立てとは、幹を中心にして、
3本の枝をメインに仕立てる方法です。

まず、鉢に植え付けてすぐに、
苗木の主幹を、植えている鉢を同じ高さのところで切り詰めます。

翌年の春に、去年伸びた枝の先端を切り詰めます。
余分な枝は、根元から切り落とします。

*詳しい仕立て方は下記をご覧ください。
>>ライムの剪定方法


■栽培管理

・水やり
ライムは水分を欲しがる植物なので、水切れに注意して育てます。
とくに、果実が大きくなる6月〜8月は乾燥に注意し、
たっぷりと水をやるようにしましょう。


lime (1).jpg
収穫が楽しみです!


・追肥
12月〜1月と、開花時期の5月〜6月に固形の油かすを施します。

開花時期に肥料が不足すると実付きが悪くなるため、
とくに開花時期の肥料は忘れないようにしましょう。

9月ごろ、もしも木に勢いが無いようであれば追肥を行います。
*収穫、病害虫などに関しては、下記をご覧ください。
>>ライム 庭植えの育て方

■関連記事
・ライムの苗 販売店紹介
・レモンの育て方 庭植え|低温に弱いので冬は防寒対策を
・レモン栽培 鉢植えと庭植え|長所と短所は?
・レモンの育て方 鉢植え|春の花だけ結実させて立派な実に
 カテゴリ
 タグ