lime (3).jpg
ライム、おしゃれですね♪


ライムはさわやかな苦みと、
レモンよりもマイルドな酸味が魅力の果実です。

その風味には独特の自己主張があり、果汁を少し加えるだけで、
料理や飲み物の風味を引きたててくれます。

日本に出回っているライムは、
メキシカンライムと呼ばれる小ぶりの品種です。

しかし、タヒチライムという品種は、
メキシカンライムのほぼ倍の大きさがあります。

ライムは耐寒性はありませんが、
条件が合えば庭植えで育てることもできます。
ライムは毎年とてもたくさんの実をつけてくれます。

自家製のライムは農薬の心配が無いので、
きれいなグリーンの皮も安心して利用することができますね。

arrow46-011.gif栽培のポイント
1.耐寒性が弱いので、植え付け可能な地域を確認しましょう。
2.半円形に仕立て、果実に日があたるようにします。
3.摘果する必要はなく、実が緑色の内に収穫を行います。 



[ライム 庭植えの育て方]


■栽培適地と品種の選び方

・栽培適地

ライムはかんきつ類の中では最も耐寒性の低い植物です。
越冬するためには、最低0度以上の気温が必要になります。

日本では、関東地方南部以西の温暖な地方に限られます。

・品種の選び方

日本に出回っているライムは2種類です。

メキシカンライムは、スーパーで出回っている、
一個当たり50g程度の小ぶりのライムです。
種が多いのですが、果汁が豊富で風味がよいのが特徴です。

タヒチライムは一個当たり100g前後の大きな果実が特徴的です。
種が少なく果汁をしぼりやすく、ジュースや料理に利用しやすいです。

メキシカンライムに比べると耐寒性があるので、
栽培が可能とされている地域でも、
越冬が心配であればタヒチライムを選ぶ方が安心です。


Lime03.jpg
接ぎ木のタヒチライム苗 C)渓風園(keifuen)


■植え付け

苗木の植え付けは、3月〜4月に行います。
ライムは日当たりがよく、水はけのよい環境を好みます。

強い風の当たらない、日当たりのよい場所を選んだら、
腐葉土や川砂、堆肥を用意します。

直径40cm、深さ40cmの穴を掘り、
掘り上げた用土に用意していた腐葉土と川砂を混ぜます。

穴の半分ほどに用土を入れ、堆肥を加えてよく混ぜます。
苗木を植えた後は、残りの用土でしっかりと穴を埋め戻し、
たっぷりの水をやります。


■仕立て方

ライムの木を育てる時は、
まず樹形を整えなければなりません。

庭植えでは、半円形や開心自然形に仕立てると、
日当たりがよく、収穫量が多くなります。

まず、植え付けた苗木を1/3の高さに切り詰めます。
翌年の春に伸びた枝先を軽く剪定し、
支柱や紐を使って枝を左右に開いて固定します。

樹形が出来上がるまでに、2年から3年かかりますが、
長い年月良質の果実を収穫する為には必要な歳月です。
*詳しい仕立て方は下記をご覧ください。
>>ライムの剪定方法


■剪定

ライムの木の剪定は、3月ごろに行います。

木がまだ若い時は新梢の伸びにも勢いがあり、
間引いて風通しを良くします。

成木になってからは軽めの間引き剪定で充分ですが、
枝先に花芽が付くので切り落とさないように注意が必要です。


■栽培管理

・追肥
肥料は新梢が育ち始める3月と、
花が咲き始める始める6月、収穫期の10月に与えます。

生長を始める3月には有機肥料を、
実をつけ始める6月と収穫時期の10月には即効性の化学肥料を与えます。

・受粉
ライムは虫が媒介となって受粉します。
虫が少ない環境では、自家受粉を行うと実付きが良くなります。

5〜6月に咲いた花に、筆などで花粉をつけて受粉します。


■果実管理

ライムは落果することが多く、
あえて摘果する必要はありません。


lime (2).jpg
ジン・ライム、採り立ての果実で飲むと美味


■収穫

9月ごろから収穫を行っていきます。
ライムは緑色の時期がもっとも香りと風味がよく、
熟して黄色くなってくるとせっかくの風味が薄くなってしまいます。

収穫時期を逃さないように気をつけましょう。


■病害虫

・アオムシ
非常に食欲旺盛です。
油断していると葉を食い尽くされてしまうので、
見つけ次第、捕殺しましょう。

・アブラムシ
春先から発生し、で主に新芽の軟らかい部分に付いて吸汁します。
見つけたら薬剤を散布します。

・カイガラムシ
剪定を怠って風通しが悪くなると付きやすい害虫です。
主に枝について吸汁します。
見つけ次第こすり落として駆除します。

・ハダニ
葉の裏につくとても小さな害虫です。
吸汁されると葉に白い斑点ができ、かすり状に広がります。
見つけ次第、殺ダニ剤を散布します。

・カイヨウ病
風で葉や果実がこすれ合い、傷ができると、
そこから細菌が入ってきて感染する病気です。

葉や果実に水ぶくれのような斑点ができ、
かさぶたのようになります。
防風と殺菌剤の散布で予防します。

■関連記事
・ライムの苗 販売店紹介
・ライム 鉢植えの育て方
・レモンの育て方 庭植え|低温に弱いので冬は防寒対策を
・レモン栽培 鉢植えと庭植え|長所と短所は?
・レモンの育て方 鉢植え|春の花だけ結実させて立派な実に
 カテゴリ
 タグ