ume01.jpg
しだれ梅をきれいに咲かせるのは難しいですね


春一番に咲くウメ(梅)の花を楽しみにしていたのに、
「今年は花があまり咲かなかった」ということが時々あります。

たくさんのウメの花を毎年楽しむには、
どのようなことに気を付けていたらよいのでしょうか? 



■ウメの花が咲かない理由は?

1.剪定方法を誤った
ウメの花が咲かない理由で一番多い理由が、
間違った剪定をしてしまったことです。

ウメは芽を出す力が強く、
放っておくとどんどん茂って見苦しくなります。

剪定しないと樹形が悪くなるのも困りますが、
病害虫の発生の原因になるので注意が必要です。 


ウメの剪定は、基本的にはいつ行っても木を弱らせることはありません。
花を楽しむ庭木の多くは、花後に剪定を行います。

しかし、ウメは花後に剪定を行うと、花が咲かない原因になります。

ウメには、花芽と葉芽があります。
花芽は次の年に花を咲かせる芽ですが、
確定する前に切ってしまうと、葉芽に変わってしまいます。

これは、枝を切られたことで木が危機感を感じ、
もっと枝を伸ばさなければと思ってしまうためです。

花芽が確定するのは7月〜8月です。
7月〜8月まで剪定を待ち、花芽を確認してから剪定を行いましょう。



ume02.jpg
夏に花芽を確認して剪定すると、花芽がつきやすいです


2.夏に水を与え過ぎた
ウメは、夏の間の水やりの仕方に注意が必要です。
夏の間は水やりを控え、乾かし気味にします。
多少葉がしなだれても問題はありません。 


しかし、葉が落ちてしまうと、乾かしすぎということになります。
木をよく観察し、葉が落ちる前に水やりをします。

夏に水をやりすぎると、樹勢が強くなりすぎてしまい、
花が咲かない原因となってしまいます。

3.ウメの木が若い
ウメの木が花をつけるまで、一定の生長が必要です。

一般的には、種を播いてから5年以上、
接ぎ木をしてから3年以上
たたないと、
花を咲かせることができないといわれています。

ある程度の生長を待って、花を楽しみましょう。


ウメには多くの種類があり、好みのウメの木を植えて、
いち早く春の訪れを感じられたら、とても嬉しいことですね。

■ウメのわかりやすい育て方
・ウメの育て方 庭植え|健康効果が高い実をつけます
・ウメの育て方 鉢植え|剪定で収穫が増えます
・ウメの実がならない、落ちるときの対処法
・ウメの剪定 時期は?
・ウメの品種の選び方
 カテゴリ
 タグ