takana.jpg
タカナの漬物は作っておくと便利ですね


タカナ(高菜)は、独特の風味がありピリッとした辛みのある、
漬物にぴったりの野菜です。

数枚の葉から樽いっぱいの量まで、都合に合わせて漬けられます。
タカナ漬けを常備しておけば、
ちょっとした料理にすぐに使えて、とても便利です。


■タカナの漬け方

・材料
タカナ……漬けたい分量
塩……タカナの重さの2%〜4%の量(例:タカナが100gの場合、塩は2g〜4g)
鷹の爪、昆布……好みで

・作り方
@ 用意したタカナはよく洗い、水気を切る。

A 水気を切ったタカナを1日〜2日の間、天日干しする。

B 天日干ししたタカナに、塩をよく揉み込む。

C 漬ける容器に、塩を揉み込んだタカナを敷き詰め、重石を乗せる。

D 水分が出てきたら、タカナの高さ以上の水分は捨てる。

E 1日〜3日ほど漬けたら、水気をよく絞る。
浅漬けで食べる場合は、この時点で食べても大丈夫。

F 本漬けを行う場合は、水気を絞ったタカナを、また容器に並べていく。
塩を新たに並べたタカナの上に軽くふり、好みで刻んだ鷹の爪や昆布も乗せ、
その上から重石を寄せる。

G 水分がたくさん出てきたら、余分な分はその都度捨てる。

H 1日漬けたところから食べられます。


takana (2).jpg
ちょっとしたコツでおいしく漬けられます


■タカナの漬け方のコツ

・天日干し
水洗いした後、水気を切って天日干しすることで、
タカナの味がよくなる上に漬かりやすくなります。

株ごと収穫したものは、株ごと物干し竿などにひっかけて干すと、
一度にたくさんのタカナを干すことができます。

少量の場合は、葉を一枚一枚はがして、ザルなどの上に並べて干します。
半日干したら裏返すようにすると、まんべんなく干すことができます。

・塩の揉み込み
タカナの量が少ない場合は、指先に力を入れて塩をよく揉み込みます。
タカナの量が多い場合は、清潔な大きな袋にタカナと塩を入れて、
まず軽く手で揉み込みます。

その後、袋から塩やタカナが出ないように口と閉じて、
上から体重をかけて揉み込みます。

袋の上に乗り、足で踏むとさらに揉み込む時間が短くて済みます。

タカナは株元が分厚くなっていて、
なかなかうまく揉み込めないことがありますが、
めん棒などで軽く叩いて繊維をつぶしておくと、
その後の作業が楽になります。

・塩の分量
塩の分量に差があるのは、個人の好みもありますが、
使う塩によって味が変わるからです。

本漬けに入る前に、水を切ったタカナを少し味見してみて、
塩が足りないようであれば、本漬けの際に塩を多めにします。

・食べ方
浅漬けや本漬けしてまだ間もないタカナ漬けの場合は、
お漬物としてそのまま食べるのがやはり一番おいしい食べ方です。

熱々の白いご飯と一緒に刻んだタカナ漬けを食べたり、
おにぎりをタカナ漬けで巻いて食べるとおいしいです。

古漬けになったものは、軽く塩抜きをしてからそのまま食べたり、
混ぜご飯にしたり焼き飯やパスタに使ったりすることもできます。

たくさん漬けてすぐには食べきれない、
できるだけ浅漬けの状態で保存したい場合は、
小分けにして冷凍しておくことができます。

食べやすいサイズにあらかじめ切っておくことで、
使いたい時に使うことができます。

>>タカナのプランター栽培|追肥で丈夫に育て長期収穫!
>>タカナとは?|日本三大漬菜の一つ 菜花も美味
 カテゴリ
 タグ