tamanegi04.jpg
タマネギは、お料理に必須ですね


肉じゃが、カレー、シチュー、味噌汁など、
日本人の食卓にはタマネギを使った料理がたくさん上ります。

それだけ常備していると便利な野菜ですが、
保存方法を間違えるとすぐに傷んでしまいます。

上手な保存方法を覚えて、おいしくタマネギをいただきましょう。


tamanegi05.jpg
新タマネギは、保存には向きませんが、炒め物、煮物用には冷凍保存が良いです


◎大量保存できるタマネギは?
・タマネギと新タマネギ
タマネギには、収穫してすぐの新タマネギと、
収穫後に乾燥させて皮が茶色くなったタマネギとがあります。

新タマネギはみずみずしく、生食に向きますが、
水分量が多いため保存には向きません。

表面を乾燥させた皮が茶色くなったタマネギは、
新タマネギのように生食には向きませんが、

火を通すと甘みとコクが出て、どのような料理にでも使え、
家に常備していると重宝する野菜です。

一度表面を乾燥させているタマネギは、
1ヶ月〜2ヶ月ほどであれば保存が可能です。 


タマネギの仲間の赤タマネギも、
水分量が多いため、傷みやすく保存には向きません。


tamanegi01.jpg
赤タマネギも傷みやすいです


■タマネギ 大量保存のコツ

1.暗い場所で保存する
日当たりの良い場所や、室内であっても電灯が明るい場所では、
芽が出やすく食味が悪くなります。

四六時中真っ暗である必要はありませんが、
直射日光と電灯の光が直接当たらない場所で保存するようにします。

2.常温で保存する
タマネギは湿気に弱く、湿気の高い場所で保存すると、
すぐにカビたり腐ってしまいます。

屋外でも室内でも保存することは可能ですが、
できる限り風通しがよく、湿気のない場所で保存しましょう。

冷蔵庫の野菜室は、水分の多い野菜を保存するために、
湿気が高くなるように設定されていることが多いです。

そのため、野菜室にタマネギを入れておくと、
傷みが早くなるので、冷蔵庫ではなく常温で保存すると良いです。


tamanegi03.jpg
農家でよく見かけます


3.通気性を良くする
保存する容器は、ビニールなどの空気を通さないものではなく、
ストッキングやみかんネットなど、通気性の良いものを選びましょう。

床に置かず吊るすことで、接地面に湿気がこもり、
そこから傷むのを防ぐことができます。

また、カゴなどに入れておく方法もありますが、
1つ1つを新聞紙で包むなどして、
できる限り他との接地面が少なくなるように工夫しましょう。

4.リンゴは離しておく
リンゴから発生されるエチレンガスにより、
タマネギの生育が促進されます。

畑で育っている間であれば、生育が促進されても問題ありませんが、
保存中は生育が促進されることで、食味が悪くなってしまいます。
できるだけ近くには置かないようにしましょう。


ringo.jpg
リンゴのそばに置かないようにします


5.傷んだタマネギと一緒にしない
傷み始めたタマネギをそのままにしておくと、
すぐ近くにあるタマネギに傷みが伝染してしまいます。

保存している個数が多い時ほど、
タマネギに傷みがないかよくチェックするようにし、
傷んでいるものがあれば、すぐにその場から離すようにします。

■タマネギのわかりやすい育て方
・タマネギは、砂質土でもおいしく栽培できる?
・タマネギの大きいおいしい育て方|タネまき、植え付けのコツ
・タマネギの収穫時期と保存方法のポイント
・タマネギの育て方(地植え)|良い苗を選んで大きく栽培!
・タマネギのプランター栽培|良苗で大玉を栽培できます
・タマネギ栽培 肥料は?
・タマネギ 種まきと苗作り
・タマネギ トウ立ちの原因は?
・ホームタマネギの育て方
 カテゴリ
 タグ