Bilberry.jpg
ビルベリーの花


■ビルベリーとは

ビルベリーは、別名ホワートルベリー、ヨーロッパブルーベリー、
とも呼ばれ、ブルーベリーの野生種にあたります。

3種類のアメリカ原産種のビルベリーを、
交配して作られたのがブルーベリーです。

ブルーベリーは実を房なりにつけますが、
ビルベリーは単独または2つ一緒の実を付けます。

また、ビルベリーはブルーベリーより、
果肉が小さく青色をしているのに対し、
ブルーベリーは緑がかっているのも相違点です。

また、栄養成分も異なり、ビルベリーには、
ブルーベリーの約4倍のアントシアニンが含まれているとされています。

そのため、サプリメントの原料として利用されることが多いです。


■ビルベリーの栄養は

ビルベリーは、前述したとおりブルーベリーの、
約4倍ものアントシアニンが含まれていることが最大の特徴です。

アントシアニンは青紫色の色素ですが、
目の働きを良くする効果があることで知られています。

そのため、ビルベリーはサプリメントの原料として、
よく利用されています。

アントシアニンには、その他にも、体に悪影響を及ぼす、
活性酸素の働きを抑制する抗酸化作用もあります。

その他にも、ブルーライトのダメージを抑える働きや、
血流改善、毛細血管の保護、炎症抑制、腸内環境の改善などに、
効果があるといわれています。

ビルベリーのその他の栄養としては、ミネラル類のうち、
亜鉛とマンガンが他のベリー類と比べて、
非常に多く含まれていることが特徴です。

亜鉛は、鉄の次に多く体内に存在しているミネラルで、
酵素の材料や、細胞の代謝を促進するなど、
様々な働きをしています。

また、不足すると味覚障害を生じることで知られています。

マンガンは、骨を丈夫にしたり、抗酸化作用があります。


Bilberry20(2).jpg
ビルベリーの実


■ビルベリー栽培の楽しみ

ビルベリー栽培の楽しみは、何と言っても、
市場に出回りにくいビルベリーを食することができることでしょう。

ビルベリーは、ブルーベリーよりも実が柔らかく、
少しの衝撃で皮が破れて汁が出やすいため、
輸送には向かないのです。

ビルベリーは自家結実性あるので、家庭に1本あれば、
瑞々しいビルベリーの実を味わうことができます。

ビルベリーはブルーベリーと同じような栽培法で育てることができますが、
時々販売店でブルーベリーと混同して売られていることもあるため、
苗は信頼の置ける種苗店で買い求めましょう。


■ビルベリーのおいしい食べ方

ビルベリーの希少性を味わうなら、
何と言ってもフレッシュな生が一番です。

ただし、ブルーベリーよりも酸味が強いので、
ジャムにしてもよいでしょう。

その他にもドライフルーツやジュース、シロップ漬にして、
楽しむ方も多いです。

ケーキやパイ、パンなどに入れてもよいですね。

■ビルベリーのわかりやすい育て方
・ビルべリーの育て方 庭植え|夏の乾燥に注意します
・ビルベリーの育て方 鉢植え|小さなスペースで楽しめます
・ビルベリー栽培のコツ
・ビルベリーとブルーベリーの違い
 カテゴリ
 タグ