yuzu.jpg
ユズの新芽


ユズの葉に異変がある場合、また元気がない場合は、
いくつかの原因が考えられます。


早めの対処が大切ですので、
定期的に葉の表裏のチェックをするようにしましょう。


■ユズ 葉の病気

1.カイガラムシ
葉が黄変している部分がある、枝に綿状の白い物がついている場合。
黄変部分が多くなると枯れてしまうことがあります。
寄生の多い枝を切り落とし、薬剤などで防除します。

2.ハダニ
葉の裏に小さい0.5mm程度のムシがついていれば、
「ハダニ類」「コナジラミ類」の可能性が高いです。
薬剤などで除去します。

3.そうか病
4〜5月頃に多い病気で、
円形の水浸状または黄色の小斑があらわれやがて、
その部分が隆起して灰褐色の壊死班となります。

雨が続くと発生しやすくなりますので、
通気性をよくし光が内側までよくあたるようにしましょう。
またチッ素肥料のやりすぎに注意します。


yuzu (11).jpg
ユズの葉に異常があったら早めに対策を


4.黄斑病
8月頃に新葉の裏面に茶褐色の小粒、
その周りは鮮やかな黄色となっています。

ひどくなると表面にも症状がでてきて、やがて落葉していきます。
栽培管理をしっかりとやることで、
樹勢を強くして病気にならないようにしましょう。

適切な量の肥料を与えることも重要になります。
薬剤でおさえることもできます。

5.黒点病
0.1〜0.5mmほどの黒点をつくります。
発見が遅れると大部分が感染して赤褐色になります。

6月〜7月、9月〜10月はかかりやすい時期ですので注意が必要です。
枯枝をこまめに除去することにより、
感染の可能性を最小限におさえることができます。


yuzu005.jpg
早期発見のために葉の表裏を定期的にチェックします


爽やかな香りが特徴のユズは、日本でも昔から親しまれてきました。
江戸時代の頃より冬至(12月22日頃)には、「ユズ湯」に入る風習もあります。

ユズ湯に入ると風邪をひかないといわれていますね。
そんなユズですが、香りだけではなく、
お肌や体によい効能もたくさんあります。

最近わかってきた効能もあり人気が高まりそうです。

■ユズのわかりやすい育て方
・ユズの育て方 庭植え|耐寒性が高く初心者にも
・ユズの育て方 鉢植え|低木のハナユが栽培しやすい
・ユズ 実をならせるには?
・ユズ 仕立て方と剪定方法は? 図解
・ユズ 葉が落ちる原因は?
・ユズ 枯れる原因は?
・ユズがたくさん! 利用方法
・ユズの種類は?
 カテゴリ
 タグ