yuzu (6).jpg
ユズをたくさん収穫したり、いただいた時には?


ユズ(柚子)は、お鍋やお魚のに添えるイメージが強いですが、
実は多くの有効成分を含んでいます。

その代表的なものが、風邪の予防や疲労回復、
肌荒れなどに効果的なビタミンCです。

ビタミンCは、果汁よりも皮の方に多く含まれています。

また、疲労回復に効果的なリンゴ酸や、
カルシウムの吸収を助けるクエン酸などの有機酸、
動脈硬化や糖尿病予防に効果的なペクチンなども含まれています。


yuzu (3).jpg
これは大収穫、まちがいないですね


■ユズがたくさん! 利用方法

ユズは食用だけではなく使い方はたくさんあります。
しかも皮がいちばん香り良く栄養価も高いので捨てる所はないですね。

たくさん収穫したりもらったりしたユズは、
無農薬のことが多いと思いますので、
安心してユズを丸ごと利用したいですね。

1.皮の利用方法
無農薬の場合、皮も有効活用します。
薄く削いだり細かく切り刻んで、
おつゆやお鍋にいれるととてもよい香りが漂います。

・ユズ石けん
すりばちで細かくして石けんに混ぜると、
香りのよいユズ石けんができあがります

・ユズ精油
精油にまぜて香りのよいユズ精油に

・ユズ風呂
香りの強い皮ごと浮かべるのがオススメです

・炒めものに
刻んでいれるといつもとひと味ちがった一品になります

・ユズ味噌
練り味噌にユズを刻んでいれると香りのよい味噌ができあがります

2.果汁の利用方法
・ジュースやシロップに
果汁をしぼっていれます。
カクテルなどにまぜても香り高いカクテルに仕上がります

・お漬物の香りづけに
浅漬けなどにまぜるとさっぱりとおいしいですよ

・ケーキなどに
少し加えるだけでほのかな香りがします

3.ユズの保存方法
・短期保存
ユズは香りが命ですのでなるべく早くに使いきる、
もしくは加工することが保存のポイントです。

気温が高い場合は乾燥をしないように、
袋にいれて野菜室にいれておきます。
冬場は室内で一週間程度はもちます。

・冷凍保存
すぐに使いきれない場合は冷凍もできます。
皮は裏の白い部分もある程度残した状態で、
刻まずにラップをして冷凍します。

果肉は半球に切り半分ずつラップで包み冷凍します。
利用するときには自然解凍で美味しくいただけます。

■ユズのわかりやすい育て方
・ユズの育て方 庭植え|耐寒性が高く初心者にも
・ユズの育て方 鉢植え|低木のハナユが栽培しやすい
・ユズ 実をならせるには?
・ユズ 仕立て方と剪定方法は? 図解
・ユズ 葉が落ちる原因は?
・ユズ 枯れる原因は?
 カテゴリ
 タグ