tomorokosi (2).jpg
収穫時期を見極めるのが難しいです


トウモロコシは、子供から大人まで幅広い年齢層の心をつかむほど美味。
採れたてのトウモロコシをゆがいて、塩を振って食べると最高においしいですね。

そんなトウモロコシですが種を撒くだけで、
後はカンタンにぐんぐん生長していきます。

他の作物との相性も悪くありませんので家庭菜園にお勧めです。
ただし、トウモロコシは人の背丈より大きくなりますので、
根も深くまではっていきます。

そのため、プランター栽培はやや難しく、地植え栽培に適しています。


@トウモロコシ 収穫時期の見分け方


トウモロコシは収穫適期がわずか10日ほどしかないといわれています。
適期を過ぎるとグンと味が落ちてしまうとか……。
見落とすことがないようにしっかりと収穫しましょう。


■トウモロコシの栽培スケジュール

・種まき時期
3月下旬〜6月上旬。
甘いトウモロコシをつくるためには昼夜の気温差が大切です。

・受粉
雄花と雌花がでてきたら人工授粉を行います。

・収穫時期
6月〜8月。目安は受粉から2〜3週間後となります。


tomorokosi (1).jpg
ヒゲをよく観察しましょう


■トウモロコシ 収穫時期の見分け方

トウモロコシの収穫時期を見極めるポイントは「ひげ」です。
ひげ(絹糸)が茶色く枯れてきたら一本の皮を試しに剥いてみましょう。

・ひげの色の変化に注意する
ひげの色は「薄黄緑→薄茶→茶色→焦げ茶色→黒色」と変化していきます。
茶色が収穫時期の目安です。
また、雌穂の先端部が黄色くなっていれば収穫適期の合図です。
*品種によって多少異なります

・ひげがでてから23日くらいで様子を見てみましょう

・触ってみて中身が大きく締まっている感じがしたら収穫適期


■収穫方法

早朝のまだ涼しいうちに収穫を行います。
早朝がいちばん甘みが増している時間帯ですので、
この時間帯に収穫するのがベストです。

トウモロコシの根元をきつく抑えて、
手前に下げるようにひっぱってもぎ取ります。

トウモロコシは収穫後はすぐに茹でてしまうのが、
おいしく食べるコツです。

■トウモロコシのわかりやすい育て方
・スイートコーンの育て方|短い栽培期間にたっぷりと元肥を!
・スイートコーンのプランター栽培|甘くおいしい育て方!
・トウモロコシの株もとのわき芽は、どうしたらいいの?
・トウモロコシ茎が折れる理由|アワノメイガ
 カテゴリ
 タグ